HOME > コーヒー > コーヒー入れ方動画 > ハンドドリップの美味しい入れ方

プレミアムコーヒー

おいしいコーヒーの淹れ方
ハリオ V60編



━━━臨機応変なコーヒードリッパーなんです。

  • ドリッパーは一目見ただけでは、形状はどのメーカーのものも違いがわからず、一緒に感じてしまうと思います。
  • しかしこのV60ドリッパーは、えんすいの形をしていて、コーヒーが落ちる穴が1つだけ。しかも大きく作られています。この形状が絶妙なバランスのコーヒーを作り出します。

━━━今回の動画に使用していたグッズ

  • ハリオV60-01ドリッパー
  • V60-01フィルタ
  • コーヒーミル
  • ドリップぽっと
  • デジタルはかり
  • タイマー

━━━コーヒーの分量

  • 新鮮なコーヒー豆20gを使用して、コーヒー315ccを作ります。(約2人分)

重要なポイント:ハンドドリップに要する時間はトータルで2分30秒~3分00秒が目安になります。美味しくハンドドリップするには、ドリップケトルはやはり必要になると思います。

ステップ1


ペーパー折って、開いてセット。 ドリップ前にペーパーの洗浄と器具を温めるためお湯を使いますが、ここでは沸騰する前の熱いお湯で大丈夫です。お湯を捨て、ドリッパーを改めてセットします。



ステップ2

コーヒーを20gを計量し、ミルで中挽きにコーヒーをグラインドします。

ステップ3

ペーパーに粉を入れると、だいたい山型になっているため、たいらにならします。
このたいらにするという工程が実はとても大切です。
これを忘れてドリップを始めてしまうと、早い段階でコーヒー粉よりも紙から濡れてしまいます。
そうすると薄いコーヒーになってしまうので要注意。

ステップ4

お湯が沸いたらドリップをしていきます。(*1)
最初はお湯を優しく注ぐようにします。40cc注いで、45秒蒸らします。
ここでのポイントは直接ペーパーにお湯をかけないようにすること。
新鮮なコーヒー豆の中に含まれる炭酸ガスがどんどん放出されることで、コーヒーの粉が持ち上げられます。
これが「コーヒーが膨らむ」というメカニズムです。(*2)


蒸らしが終わったら、小さな円を描くようにしながら一定のペースでお湯を注ぎ続けます。
その時、ドリッパーの3分の2ほどの水位(コーヒー粉がお湯に浸っている状態)を維持するように気をつけます。
するとコーヒーのエキスがしっかり抽出される状態を作ることができます。


(*1)昔はお湯は80度とよく耳にしました。お湯の温度が低いことで得られるメリットは、不快な味が抽出されにくいという点です。
しかしデメリットも多く、コーヒー本来の複雑な風味やその豆特有の個性を出し切ることができません。
品質が安定しなかった昔と比べて、今は品質も鮮度も良いコーヒーが手に入るようになってきました。
当然、その全てを味わおうということで、お湯の温度も見直されていきました。


(*2)古い豆はもちろん炭酸ガスが残っていないため、膨らみませんし、新鮮な豆を買っても、粉の状態で購入すると、1週間もしないうちにガスはほとんど抜けてしまいます。

ステップ5

2分30秒~3分00秒の間で、315ccのドリップがおわったら、全てのコーヒーがマグカップやポットに全て入ってしまわないように、別のカップなどにドリッパーを移し替えてください。
もし時間内で終わらないという場合は、ゆっくりお湯を注ぎ過ぎてしまっているか、粉の挽きかたが細かすぎる可能性があります。
抽出し終わった、コーヒーをカップに注いだら、ゆっくりとコーヒーをすすって、心を落ち着けてコーヒーを楽しんでください。

おすすめ商品

オススメ器具

オススメ器具

オススメ器具